「媚薬」の世界から見た「アロマセラピー」

ドイツの書物より古くから世間の注目を集め、今でも珍重されている「媚薬」についてを集めた文献を見つけました。この「媚薬」と言う名の「飲み物」「香」「塗薬」は中世の頃に高級階級の間で大流行したなどの歴史を持っています。そもそも「媚薬」という定義は一体何なのでしょうか?「俗信」と言う説も多く存在し、つい最近まで現代の医学でも、このような物質は存在しないと言われてきました。しかし過去の資料などから現代の医学で科学的に証明されている物質も発見され、これからの研究結果が期待されます。そんな、今もなお世の人々の興味を集め、研究がすすめられている「媚薬」について、これから少し触れて見たいと思います

「媚薬」とは各文化圏によって異なり、ある地方では「まじない」や「宗教的」な意味合いで用いられていたという記録も存在します。中世のヨーロッパでは「媚薬」を作る人を「魔女」と言い、高級階級の人々で大流行していたと言う資料も存在します。そして現代医学が発展する中でそれらの成分の分析や調査が進められ、その結果ほとんどが「まじない」的なものであったり、「麻薬」に近い成分であったりすることがわかってきました。しかし、その中でも注目を集めたのが植物から摂れる「媚薬」、それが「アロマテラピー」として世に広がっている「精油」に見られると言うのです
著「媚薬」より、媚薬と香りの関係について???一部を抜粋しました

官能を刺激する香り、誘発的な香り、悩殺的な香り、魅惑的な香りなどと評される香りはいろいろある。恋人の香水の香りに幻惑される男性は多い。この香りと性の結びつきは人類が遠い祖先から受け継いだ本能である。植物は芳香を放つ花で昆虫を誘って受粉し、動物は交尾の相手を匂いで探す。性フェロモンの働きがなければ多くの動物は子孫を残せないに違いない。

最近の研究によって人間の嗅覚器が脳下垂体(様々なホルモンの分泌を司っている器官)および生殖器と連動していることが明らかになった。したがってある匂いが性行動に直接的な影響を与えることやその逆のことがあり得るわけである。嗅覚は神経系の中の神経伝達物質を介して脳に伝達される。神経伝達物質がにおいに特にすばやく反応するため迅速な肉体的変化が起こるものと思われる。

アメリカの科学者たちが「究極の媚薬」を研究中で非公開の実験を繰り返しているとあるが、これまでのところ彼らは何らかの匂いの物質を合成させようとしていることがわかっている。媚薬的効果のある匂いの物質を作り出そうとしたのは何も現代の科学者だけではない。アジアや東地中海地方ではすでに太古の昔から官能の喜びを高める花の香りや香油、バルサムや香が珍重されていた。多くの文化圏において性と嗅覚は密接につながっている。香水の歴史も性的魅力を高めたい欲求から始まったとされている。ドイツの古い言い伝えからは「バラ」が女性の象徴とされて媚薬効果を期待されていたし、東南アジアでは「ヴァニラ」の香気が異性を誘うとも言い伝えがある。
「媚薬」の世界から見た「アロマセラピー」

「植物のエッセンスである精油は嗅覚を通じて人体に変化を起こさせる。したがってこれを正しく用いれば治療に応用することが出来る」というのがアロマセラピー理論の出発点であり、インポテンツや冷感症などの治療にも用いられてきた。ジャスミン、バラ、ゼラニウム、オレンジ、ラインイラン、パチュリ、黒コショウ、丁子、カルダモンなどが代表的にあげられる。その中でも特にジャスミンとバラは血行を促進し体を温め精神をリラックスさせるため媚薬としての効果が高いとされている。またアロマセラピーの世界で最も効果の高いと期待が集められている媚薬用エッセンスは、イランイランの花の精油である。これには沈静、強壮作用があるとされ、洸惚とした多幸感が現れる。この精神の高揚と肉体のリラックスから媚薬的効果が生まれると言うものである。

ネパールの神が恋人に香をたいて喜ばせたと言う説から始まったとされる「媚薬」は様々な土地柄によって変化し、今も人々を魅了してやまない存在です。我々の祖先は「鹿の角」や「チョウセンニンジン」を煎じたり「バッファローの睾丸を乾燥させ挽き砕いたもの」「ワインにハッカや乳香、その他ハーブ何百種類が溶け込んだもの」を飲んだりと多種多様の「媚薬」を作り出しその効果の恩恵を受けてきました。そして現代、医学の発達によって科学的な根拠のある「媚薬」が発見されつつあります。今も昔も子孫繁栄のため、愛する人のため「媚薬」はなくてはならない存在なのかもしれませんね。
官能的な香りでいつもと違う二人を演出!

发表留言

秘密留言

自我介绍

最強媚薬

Author:最強媚薬
欢迎来到FC2博客!

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为博客好友

和此人成为博客好友